自己学習用心理学日記

このブログは心理系大学院を目指す学部生の自己学習用のまとめ記事です。正しいことを書いているつもりですが教育を目的としていないため、学習の参考にはしないでください。訂正等のご意見はお待ちしております。

基礎心理学

16. マスローの5段階欲求説 (欲求階層説)

今回は、Maslow,A.H (マスロー) の5段階欲求説について書いていきます。 マスローは、人間の欲求はピラミッド型の階層的構造を示しており、根底に生理的欲求、頂点に自己実現があるという階層欲求説を唱えました。 (テキストにより、5段階欲求説、階層欲求説…

15. エリクソンの生涯発達理論

今回はErikson,E.H.(エリクソン)の発達発達理論についてです。 エリクソンは前回のフロイトの理論をもとに、個人の成長発達は生涯に渡るものと考え、ライフサイクル理論を提唱しました。 全8つある発達課題にはそれぞれ達成するべき課題があり、それを達成で…

14. フロイトの性的発達理論~エディプスコンプレックス

今回はFreud,S. (フロイト) の性的発達理論についてです。 フロイトは、幼児のころから性欲があると考え (幼児性欲説) 、幼児は乳房を吸う際生理的な満足を得ていると同時に口唇で性的な満足感を得ていると考えました。 そして、年齢ごとに性欲を感じる部位…

13. 脳の各種名称と機能(大脳皮質機能局在)

今回は脳の機能と大脳皮質機能局在について書いていきます。 まず、脳の構造は大まかに分けると以下のように分類されます。 脳幹…中脳、延髄、橋、間脳からなり、呼吸や心拍機能など生命活動に関わる機能を司る。 間脳…視床上部、視床、視床下部からなり、そ…

10. 発達心理学(ピアジェの認知的発達過程)

今回はPiaget,J.の認知的発達過程についてです。 ピアジェは幼児の知能や思考の発達過程について研究を行い、年齢ごとに以下のような特徴を発見しました。 0~2歳ころ 「感覚運動期」…自分の身体だけに関連した感覚に興味が生じ運動を繰り返す第一次循環反応…

9. モーガンの公準~ピグマリオン効果

今回は予定を変更して、モーガンの公準とピグマリオン効果について書いていきます。 皆さんは「賢馬ハンス」をご存知でしょうか。 昔ドイツで話題になった、人の言葉の理解や数学の計算が出来る馬のことです。 ハンスに問題を見せると答えの数だけ足を鳴らし…

2.パーソナリティ論(人格~特性論)

パーソナリティ論を語るにはまず「性格」「気質」「人格」の3つの言葉を覚えておかなければなりません。 性格とは、characterと訳されるもので、個人の意思を反映した性格とでもいうのでしょうか。日常でも聞くことのある「あいつ~なキャラ」という言葉はあ…

1.心の構造・理論(フロイトとユング)

まず初めに触れるのはフロイトの局所論、構造論です。 フロイトは当初、人間の心は「意識」「前意識」「無意識」の3つで構成されていると考えます。これを「局所論」といいます。 よく氷山の絵で表されるあれです。意識が上に出てて、前意識がその下にあり、…