自己学習用心理学日記

このブログは心理系大学院を目指す学部生の自己学習用のまとめ記事です。正しいことを書いているつもりですが教育を目的としていないため、学習の参考にはしないでください。訂正等のご意見はお待ちしております。

8. 発達心理学(原始反射・愛着)

発達心理学とは、子どもの発達や成長、さらにはそれらに関連する理論やパーソナリティを扱う学問です。

その内容は多岐に渡るため、何度かに分けて書きます。

今回は、新生児の原始反射と愛着形成について。

 

原始反射とは、生後の一定期間のみみられる反射のことで、いくつかの種類があります。

モロー反射…仰向けの新生児に刺激を与えると、抱き着くような姿勢をとる。

バビンスキー反射…足の裏をつつくと指が開く。

把握反射…手のひらを刺激すると握る動きをする。

ルーティング反射…頬を触れると、触れたほうに顔を向ける。

吸啜反射…唇にものを当てると、口を開き舌で吸おうとする。

共鳴動作…大人の動作を反復する。真似する。

 

これらは生得的に備わっている反射であり、2~6か月で消失する。

これらの反射がみられない、またはいつまでも消失しないことで、発達の遅れや障害の有無を疑うことが出来る。

 

次は愛着形成についてです。

愛着とは、子と養育者の間に形成される絆のことである。ボウルヴィ(Bowlby)の愛着理論(アタッチメント理論)によれば、愛着は乳幼児の欲求に対し養育者が適切な応答をすることで愛着が形成される。同時に、母から関心を向けられているということが信頼関係の形成につながる。

 

愛着がきちんと形成されないと、子と養育者の信頼関係が作られず、母親から愛されていないと感じてしまう。

 

またボウルビィは愛着の研究を進めるうち、いくつかの概念を発見しました。

 

ホスピタリズム…幼少期に施設などにいれ育てられた子供は、言語・運動能力に遅れがみられることがある。

マターナルディプリベーション…発達の初期に母性的な養育が不足すると、認知機能に遅れが生じる。

 

これらは愛着が十分に形成されなかったことにより生じるものであり、愛着形成は幼少期において重要なものであることがわかる。

 

キーワード

原始反射、モロー反射、バビンスキー反射、吸啜反射、Bowlby、愛着理論、ホスピタリズム、マターナルディプリベーション

 

あとがき

次回も発達心理学から、ピアジェの認知発達段階について書いていきます。